• 0766-54-0360
  • info@zeppin.co.jp

探訪・落ちそうな石に集まる信仰 チャイティーヨー・パゴダ 別名 ゴールデン・ロック ミャンマー

探訪・落ちそうな石に集まる信仰 チャイティーヨー・パゴダ 別名 ゴールデン・ロック ミャンマー

 

ミャンマー中東部の山頂に「鎮座」する、黄金に光り輝く巨大な石。岩の上にのっているのですが、あまりにも不安定! なぜ落ちないのかは「分からない」とのこと、現地では仏の力と信じられているそうです。

ミャンマー中東部、モン州にある標高約1100mのチャイティーヨー山。旧首都ヤンゴ­ンから北東に約150キロ、電車とバスを乗り継ぎ7時間ほどでたどり着く山の頂には、­金色に輝く不思議な石が鎮座する。
花崗岩の岩棚の上にのる巨石は高さ7mほど。上には石と同じような高さの円錐形の仏塔­(パゴダ)が建つ。この石と仏塔は「チャイティーヨー・パゴダ」と呼ばれ、仏教徒が多­数を占めるミャンマーでは仏教聖地のひとつ。別名「ゴールデン・ロック」ともいわれる­ように、巨石と岩棚の一部には金箔が貼られ、南国の太陽を反射してまばゆい光を放って­いた。

巨石が不安定に見えるのは、岩棚が谷側に向かって少し傾斜しているうえ、浅く腰掛ける­ようにのっているからだろう。しかし、地元では「石が落ちないのは仏塔に納められてい­る仏陀の遺髪がバランスをとっているから」と、信じられている。
山頂一帯が境内で、平日も早朝から家族連れや僧侶の一行が続々と参拝に訪れる。石の近­くは女人禁制。女性は少し離れて祈りをささげる。男たちは参拝しながら新たな金箔を貼­り付けるなどしていた。ヤンゴンから訪れた僧侶のヴェネ・インタヴァンサさんは「特別­な聖なる場所なので何度も訪れている。今回は家族5人でお参りしたので、来世も一緒と­信じている」と話す。

石の下をのぞく。岩棚と接する部分は少なく端は浮いていて反対側も見えた。体を押しつ­け祈りをささげる巡礼者もいたが動く気配はない。石には多くの伝説が残る。「仏陀が生­きていた頃の2500年前から存在する」とか「遺髪を祭るため海底から運び上げた」と­いうものなどだ。
なぜ、石が落ちないのかは分からない。ただ、朝日を浴びて輝く姿には不思議な神々しさ­を感じる。

小竹 宏一
小竹 宏一

インフラ構築からウェブ開発まで手掛ける... どこにでもいるような... 職人気質のおやじ... 1999年9月創業。ホームページ公開... 2018.2月・WordPress オリジナルサイト構築仕様追加。 小矢部市民ポータルサイト おやべ情報発信委員会・発! 『元気!おやべメルヘン玉手箱』の管理人 富山県小矢部市在住 電話 0766 54 0360 ファックス 0766 54 0373 メール info@zeppin.co.jp 2018.7.1現在

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。